MENU

デリケートゾーンの黒ずみを石鹸で改善した体験談

なぜ黒ずむのか、理由を知ると納得

デリケートゾーンの黒ずみを石鹸で改善した体験談

デリケートゾーンの黒ずみは、さほど気にしていませんでした。しかし脱毛して、毛で隠れていたところをみると、「こんなに黒いだなんて」とびっくり。しかもさらに黒ずみが強くなっている気がしました。そもそもなぜ黒くなってしまうのか。その理由は、下着との摩擦であったり、分泌物やアンモニアからの刺激であったりで、肌が敏感に反応しているから。長年、除毛のために、剃刀を使っていたことも原因でしょう。そういった刺激から肌を守ろうとする働きが身体に生まれ、メラノサイトが活発になることで黒ずんでくるのだそうです。毎日何度となくトイレットペーパーで拭いていますので、これだって刺激です。ひじやひざなど、良く机や床などから摩擦の刺激を与えられている部分が黒くなってしまうことが多々ありますが、それと同じです。デリケートな場所だけに、もっと刺激を受けてしまうでしょう。かといって場所が場所だけに、わざわざ顔の美白のように、エステなどには行く勇気がありません。

 

もちろん脱毛の時も緊張はしましたが、デリケートゾーンの脱毛は、近頃では一般的になってきています。「誰でもしていること」と思えば、恥ずかしさも半減です。でも「黒い」のは別。誰にも見せたくありません。可愛い水着が着たいと思って無駄毛も解決させたのに、これではがっかりです。美肌や美白のために良い食べ物もありますが、一人暮らしの上に料理も不得意です。その食材を毎日潤沢に食べるだけの経済力にも自信がありません。クリームなどにも良いものがあるとは聞きますが、毎日続けなければ意味がありません。ついついうっかり忘れてしまいそうなので、他に方法がないかと探して見つかったのが、デリケートゾーンの黒ずみ専用の石鹸です。石鹸であれば、毎日シャワーかお風呂か違ったとしても、絶対に使います。負担なく続けられます。

 

毎日、しっかり使い続けた結果

ただ、身体の中で最も肌が弱いところなのですから、成分にはこだわりたいところです。私が見つけたものは大半が自然由来成分で、合成香料や着色料、鉱物油、パラペンなどが使用されていない、お肌に優しいもの。普段使っているようなもので洗うと、すぐに洗い流さないとピリピリしたりします。専用のものであればそういったことも考えて作られていますので、痛みもありません。ただし、ゴシゴシ洗ってしまうと、それがまた刺激になってしまいます。丁寧に優しく洗うように心がけました。身体を洗う時に使うのですから、気負うことなく忘れずに毎日続けられました。

 

大体1カ月も経ったあたりから、以前との違いがしっかり分かるほど改善されてきました。しかも肌自体もきれいになってきたように感じました。そうなってくるともっと良くが出るもので、洗った後の保湿などに心がけ、デリケートゾーン専用のクリームなども使うようにしました。顔と同じよりも、専用の方が考えられて作られているはずです。保湿をすることで新陳代謝も更に促されたのか、次の1カ月は、もっと顕著に結果が現れました。今は新陳代謝をもっとアップさせようと、規則正しい生活と食生活にも気配りしています。ここまで来ると自信も取り戻せたような気持ちになり、友人からの温泉へのお誘いも気持ち良く応じることが出来ました。気になり出してからは、恥ずかしくて、断っていたのです。口では「そういう物を使っている」ということは話し、友人も興味シンシンだったのですが、実際に見せてあげられないのが残念です。「自分も使う」と言っていたので、この悩みを抱えている人は、案外多いのかもしれません。なんとか夏までに間に合いそうです。露出度の高い水着は敬遠していたので、そういったものにも挑戦できそうです。